暑い夏もあっという間に終わりました

暑い夏が終わると共にわが町のメインイベントがやってきます。

福岡県無形民俗文化財 山野の楽

地元では山野ん楽と呼ばれ親しまれています

この祭りの始まりは773年前

それから地元山野の人々の手で

続けられてきました

私は指導部長として伝統を伝える立場になりました

子供達に踊りを教えたり

心の持ち方立ち振る舞いなど

色んな事を伝えています

楽の奉納本番は9月23日(秋分の日)

1ヶ月以上前から練習をしてこの日を迎えます

S__26796039

この祭りの一番の楽しみは

子供達の成長が感じられる所ですね

最初は落ち着きが無かったり弱音を吐いたり

そんな子供達が大人になっていく過程を見て

今度はそんな子供達が指導者や裏方の仕事をしてくれたり

一生の仲間になっていく

大人子供関係なく信頼し合える仲間になります

そうやって、この祭は続いてきました

そして本番前日の夜には前夜祭が行われます

S__26796037

幻想的なたいまつ行列

前夜祭は厳かな雰囲気の中行われます

S__26796036

最初のお披露目で子供達も緊張気味です

次の日が本番

大人たちは朝から色々と準備

着付けの準備や祭壇の飾りつけ

やることは満載です

そしてお昼頃には着付けも終わり

こんな子供達はこんな仕上がり

S__26796034

この格好はかなりきついです

私も中学高校とやりましたが

太鼓が胸にめり込むし

背中の竹のせいで青タンが出来るわ

足のわらじが痛い痛い

こんな格好で3時間は過ごすから

かなり根性鍛えられてるみたいです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

本番風景

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ユーチューブで見れますのでよろしければ

このような感じで1年のメインイベントが終わりました

来年は子供達のどんな一面に出会えるのか

心の底からたのしみですヽ(=´▽`=)ノ

 

そして仕事のほうも順調に進んでおります!

21558864_1681670135239773_2217101823610170732_n

先日ご契約頂いたT様

嘉麻市の助成金をうまく利用されて

家造りスタートです(^^ゞ

今回の祭りを通して家造りって

祭りの伝統を伝承していくのと

とても似てますね

木楽家も私で3代目

祖父から父へそして私へ

経験と技術を伝承して

それを後世に伝える大変さ

後継者が居ない地元の工務店が

実はとても多いのが現状です

どんな良い家を建てても

将来面倒を見れる人が居なくなり

関係自体が無くなってしまう

祭り自体が無くなってしまう様な、、、

ある意味、引き継いで行くことの大変さを

このお祭りが教えてくれているのかも知れません(o`・ω・´σ)σ

そんな事を考えながら

子供達の踊りを見ていました(*・ω・)マス♪

それではこれからも頑張ります!!

 

 

 

おかげさまでありがとうございます
 
facebook