結婚し、家族を持ち、幸せいっぱいのマイホーム。

こんな風にいつかはマイホームを持ちたいと思っている方は多いと思います。

また、マイホーム購入を決断たものの、どうすればいいのか知りたいという方もいるでしょう。

マイホーム購入と言っても本当にたくさんのことを考えなければなりません。
会社選び

どんな業者に頼むのか、購入する家の立地や周辺環境、

子供の教育環境、もちろん家の間取りや予算等々…言い出したらきりがありませんね。

今回はそのたくさんの事柄のうち、

「どの業者に頼むべきか」ということについて、いくつか考えていきたいと思います。

一言で業者といっても、大手ハウスメーカー、建て売り業者、

工務店、建築デザイナーというように、いくつかの選択肢がありまよね。

それでは質問です。

数ある業者の中で、一定の方が「工務店」を選ぶ理由は何だと思いますか?

「大手メーカーより安い…とか?」

「経験や知識が豊富だから?」

こんな風に少し考えながら、読み進めていただければと思います。

1. 家へのこだわりが反映できる

一つ目の理由として、家に対する施主のこだわりが反映しやすいということが挙げられます。

これはどういうことかというと、

あなたがもしハウスメーカーの家や建て売りの物件を購入した場合を見ながらご説明します。

1-1. ハウスメーカーで家を購入する場合のケース

designers_house
ハウスメーカーではある程度工場で部品を作ってから現場に持ち込み、

現場で残りを組み立てるという方法で家を建てています。

ですから、工場で作られた部品の組み合わせの数=施主側の選択肢ということになります。

もしあなたがこういうデザインで家を作ってほしいと頼んでも、

その工場の部品の組み合わせでは実現できないものであれば、受け入れてもらえません。

妥協して今ある部品の中から組み合わせて

あなたのイメージに近しいデザインで作ることになるでしょう。

1-2. 建て売り物件を購入するケース

この場合はもうはっきりと分かると思います。

すでに完成された物件の中から選ぶので、あなたの意見や希望が

家のつくりに反映されることはありません。

物干し金具やテラス屋根などは追加料金を払えば可能かもしれませんが、

大枠の間取りなどはそのまま使うしかありません。

また、カーテンレールやシャッターなどの一見見落としがちなアイテムは

オプション料金を別途取られることも多いので注意が必要です。

1-3. 工務店で購入するケース

house_2f

工務店で注文住宅を建てる場合は、

あなたの家へのこだわりをきちんと反映させることができます。

建て売りのようにすでに完成されているのではなく、

一から設計してデザインを決めていくので、あなたの希望通りの設計が可能です。

さらに、ハウスメーカーのように、

自社工場で作った部品だけを使わないといけないといったルールがないので、

どの材料を使うか柔軟に対応できます。

一般的に流通している材料は、工務店であればすべて使うことができます。

また、工務店自身も新しく出た材料や部品、今流行の材料など日夜研究しています。

工務店がいろいろな材料・部品を使えるのに対して、

ハウスメーカーでは自社工場で作られたものしか使えないというのは業界内ではよく知られた話です。

もし確かめたいのであればハウスメーカーと工務店の社員両方に

「今流行の断熱材はどんなものがありますか?」のように、

材料について聞いてみるといいでしょう。

ハウスメーカーの社員は自分の会社の材料に関しては答えることはできても、

他のメーカーの材料や今流行の材料についてはしっかりと答えられないはずです。

そういった理由から工務店に頼むと、あなたの家へのこだわりが反映できると言えます。

2. 家を建てる際の費用がリーズナブル

job_kenchikuka

二つ目の理由として、家を建てる際の費用がリーズナブルであるということが挙げられます。

もしあなたが建築士を通して家を建てる場合、

建築士に設計費用として謝礼を払う必要があり、

その分だけ家を建てる費用に上乗せされてしまいます。

一般的な相場からいうと、建築士へ払う謝礼は施工費の10%程度と言われています。

10%といえど、家を建てる際には数千万単位の費用がかかるので結構な金額になります。

となると、家を購入する際には予算に制限があるのが普通ですから、

建築士に頼んで10%分多く払わなければならなくなる分、どこかを削ることになりますよね?

部屋を一つ減らすだとか、ベランダを少し狭くして材料費で浮かせるといったことが起こってしまいます。

また、余談になりますが、建築士と聞いてどんなイメージを持っていますか?
建築士と聞くと、多かれ少なかれ

画家や陶芸家のような芸術家のようなイメージがあると思います。

実際にそのイメージは正しくて、建築士は設計する対象に対して、

自分の作品だという考えを持っている方も多くいます。

そういう目を持って設計するので、どうしてもあなたの意見が100%採用されるのではなく

建築士側の「家とはこうあるべきだ」のような願望も入ってきてしまいがちです。

「ここに窓を付けたいんですけど…」

「しかし、外観が崩れるからちょっと…」

なんて会話があったという話はよく耳にします。

そういう理由から建築士に頼む場合は、あなたと建築士の建物のデザインの好みや、

人間同士の相性といったものも重要になってくるので、なかなか難しいところがあります。

そういった理由から工務店に頼むと家を建てる際の費用がリーズナブルであると言えます。

3. 責任をもった家作りをしてもらえる

job_daiku_wakamono

三つ目の理由として、責任をもった家づくりをしてもらえるという点があります。

これは、決してほかの業者が責任を放棄して造っているという意味ではありません。

ただ、イメージしてみていただきたいのです。

家を建てるといっても結局は現場で職人たちが材料を切ったり、

釘を打ったり、木材をはめ込んだりして建てられて行きます。

そんな中で、施主であるあなたの顔を知っている、あなたと挨拶を交わしたことがある、

あなたの家族のことも知っている人が建てる場合と、

あなたの顔も知らない、あなたと挨拶を交わしたこともない、

そもそもどんな人でどんな家族構成かも知らないという人が建てる場合

どちらが責任をもって家を建ててくれると思いますか?

工務店は地元で長年仕事をしてきて職人達ともネットワークがあります。

信頼のおける職人達と共に最初から最後まで現場に足を運んで

家の仕上がり具合をチェックし、一緒に見守って行ってくれます。

その過程で感じる安心感と信頼の気持ちは唯一無二ではないでしょうか?

何度も言いますがあなたのことを知らない人が建てた家は

良くないといっているわけではありません。

しかし、現場で家を建てている職人たちはロボットではなくて1人の人間です。

相手の顔を思い浮かべて作業するほうが、

仕事が丁寧になったり仕事に責任感が増したりするのが人情というものです。

例えばあなたが家族の誰かに料理を作ったりする場合と、

どこかの誰かに作る場合ではどうしても家族に作るほうが力が入ると思います。

それと同じことだと思っていただけると分かりやすいのではないでしょうか。

そういった理由から、こうして工務店を選ぶ方がいらっしゃるのだと思います。

 

4. まとめ

注文住宅を建てる際には工務店をお勧めする理由を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

もちろん「絶対に工務店じゃないとダメです!」と言うつもりはありません。

ただなんとなくで思われているような「工務店の良い所がイマイチ分からない」や

「高めの予算じゃないと建てられない」などのイメージを払拭していただけたら、幸いです。

おかげさまでありがとうございます
 
facebook