ちょっくら勉強してきました!

会場は福岡国際会議場です

IMG_3634

会場の目の前が海、博多湾です!

ちょっと行けば

奈多漁港、

新宮漁港、

志賀島・・・・

私の中のナニカがとても疼きました(笑)

そんな疼きを抑えつつ

勉強してきた内容ですが

建築業界では熱い話題である

省エネ基準の義務化

2020年になると国の定めた基準を満たした

暖かい家しか建てられませんよ~

という話しです

その勉強会があり、ちょっと聞いてきました!

IMG_3635

2020年に基準を満たした冬暖かく夏涼しい建物しか

建ててはダメですよという話しなのですが

その裏を考えるとどういう事か・・・

2016年現在は

どんな建物のでも建てられるという事

木楽家のお客様から聞いたのですが

実際に2015年に建てた人の家が

結露もひどく寒いと相談されたそうです。。。

そのような可哀想なお施主さんを無くす為にも

2020年の義務化はとても良い機会ですね

せっかく何千万もかけて建てた家が

寒いとか結露するとか

悲し過ぎませんか?

IMG_3637

IMG_3636

勉強会では新基準の建物の仕様

計算の方法など説明がありましたが

また、書類さえそろえてしまえば

申請の代行サービスもあるということでした

基準を満たす断熱材

窓のサッシを使うのは当然です

一番重要なのは正しい施工をする事だそうです

どんな高性能な断熱材や窓サッシを使っても

施工がダメならまったくダメ

結局お客様側から見れば

書類上は基準を満たす建物は作れても

 実際施工がどう行われているかは分からない

信用するしかない部分なので

業者さんを見分ける力がお客様に無いと

やっぱり辛いのかなぁと言うところでした

木楽家では当然ですが数年前から

この新基準を見据えていました

実際に建てている家も新基準一本です

手前味噌なるかもしれませんが

木楽家の家と同じ時期に立てたお友達方が

「なんでこの部屋も暖かいと??」

という驚きが出るほどちがいます

この話しをしてくれたお客様とそのお友達は

実際に体感しているから分かると思いますが

この違いを他の方に伝えるのが難しい!!

私の伝え方の勉強不足かもしれません

ちゃんと勉強して

暖かくて幸せな家をより多くのお客様に

建ててもらえるよう

頑張らないといけませんね!

ちょっと何を言いたいのか分からなくなりましたが

要は建てようとしている会社の見極めをしっかりして

ちゃんとした暖かくて涼しい家を建ててください!

そういうお話しでした!

ちょっと真面目に書きすぎたかな?

おかげさまでありがとうございます

おかげさまでありがとうございます
 
facebook